債務整理

【必見】債務整理で弁護士相談する前に準備しておく3つのこと

お金も時間もない方はこちらをCheck!!

借金問題は弁護士に無料で相談しよう!(私のおすすめベスト3)

【第1位】ライズ綜合法律事務所シュミレーター《今すぐ診断!》

【第2位】アヴァンス法務事務所 債務整理《借金問題必ず解決》

【第3位】イージス法律事務所《わかりやすく簡単!!》

こんにちは、ようへー(@yohei_blog)です。

今日は「債務整理で弁護士相談する前に準備しておくこと」をテーマでお話させていただきます。

実は私は、投資で失敗して借金2000万円もの負債を抱えてしまったんですよね。

▼借金の経緯はこちら▼

【投資失敗談】1ヶ月で借金総額2000万円!仮想通貨FXで借金地獄へ こんにちは、ようへー(@yohei_blog)です。 結構衝撃的なタイトルで驚きや疑いの目でこのブログを見てる人も多いと思...

その当時の心境はひどいものでした。

借金を返せない・・どうしよう・・と悩み苦しみすがる思い出弁護士事務所の門を叩いた記憶があります。

その数、5事務所です。

のま男
のま男
おいおい行き過ぎじゃないの〜?w
ようへー
ようへー
いぁ〜いろんな意見が聞きたくてね

5事務所も相談に行くとまぁ聞かれることが分かるのですよ。

そこで、私の経験を元に、債務整理で弁護士相談する前に準備しておく3つのことについてお話をさせていただきます。

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所

なぜ債務整理の相談をする前に準備が必要なのか?

いざ、債務整理をしようと心に決めて弁護士相談に行こうとしてるそこの「あなた!

相談前の準備はバッチリですか?

なぜ、こんなことを聞くかというと事前準備の有無によって弁護士相談の質が変わってくるからです。

当たり前ですが、事前準備をする方が有意義に弁護士と相談することができます。

ではなぜ事前準備が大切なのか?これから解説していきます。

弁護士相談の初めは同じことを聞かれる

まずお話しておきたいのが、あなたの資産・債務状況や収入状況など、弁護士と面談する際に、絶対に聞かれることがあります。

弁護士も債務整理のアドバイスをするには正確な情報を知る必要がありますから当然ですね。

ただしここで注意です!基本的なヒアリングでモタついてると、せっかくの相談時間が少なくなります。

いくら相談無料とはいえ、弁護士も無駄な時間を過ごすのはイヤですからね。

お互いの時間を有意義にするためにも事前準備は大切なのです。

借金の現状を正確に把握できる

借入先の数が多い人は当てはまると思うのですが、以下の点をすぐに思い出すことができますか?

  • 借入金額の総額
  • 各借入先の利率
  • 返済日などなど

おそらく大変の方は把握できていないのではないでしょうか?

ようへー
ようへー
え?私ですか?!もちろん分かりませんでしたよ。

このように自己の借金について正確に理解することで、自分が本当にまずい状況にあるんだということが明確に分かるようになるんですよね。

特に、自分の状況がわからないと何を相談して良いか分からないですから、しっかりと自分の借金について調べておきましょう。

情報が正確なほど自分に最適な債務整理方法をアドバイスしてもらえる

債務整理と行っても個人の状況によって、ベストな選択が変わってきます。

弁護士がアドバイスをするに当たって正確な情報があればあるほど、あなたにあったベストなアドバイスをもらえるはずです。

そのためには、何度も言いますが事前準備が大切なのです。

債務整理相談前の3つの準備物

事前準備が大切なのがわかったけど、何をすればいいの?

という疑問が湧いてくると思います。そこで、5事務所へ足を運んだ私だからこそハッキリと伝えられる3つの準備物について、解説したいと思います。

【その1】借入先および借入金額の一覧

まずは、一番大切な資料です。できれば、エクセルなどでまとめた紙を用意しておくと弁護士との話しもスムーズにいきますね。

特に調べておきたいことは次の項目です。

  1. 借入先の一覧(奨学金や会社借入、親族・友人からの借入も含む)
  2. 各借入をいつから借りたのか?
  3. 借入金額
  4. 借入利率
  5. 借入ごとの毎月の返済額

これは、全ての債権者を把握することと、過払金の有無を見極めるために重要な情報になってきます。もちろん分かるところまで良いので調べておきましょう!

【その2】収入と生活費のメモ

続いては、収入と生活費のメモです。

収入はある程度把握しているかもしれませんが、生活費って家計簿をつけてないと分からないですよね。

なぜ生活費を把握する必要があるかと言うと、今後の返済可能性の有無を弁護士は確認したいのです。

いくらの収入があって、毎月いくら使って、返済に回せるお金がいくらあるのか

ここが重要なので、家計の収支を弁護士に正確に伝えられるように準備しておきましょう。

【その3】資産の状況

これも自己破産をするメリットがあるかなど判断する重要な情報になってきます。

例えば、持ち家があるとか株式を持っているとか、高額な資産については答えられるようにしてください。

ただし、これについては、ざっくりで大丈夫です。まずは【その1】【その2】の情報が大切なので、こちらを優先して準備してください。

まとめ

ここまでで、債務整理の弁護士相談で準備すべきことの紹介は以上となります。

まとめると次の3点ですね。

  1. 借入先および借入金額の一覧
  2. 収入と生活費のメモ
  3. 資産の状況

もちろん、事前準備をしなくても、この辺の情報は弁護士事務所でヒアリングされると思います。

でもお互いに確認に時間を割くより、どの債務整理が効果的かなど、より自身のためになるアドバイスを受ける時間にしたいですよね。

そのためにも、事前準備が必要なのです。これから弁護士に相談する人はぜひ上記の点を押さえて弁護士相談に臨みましょう!