マネー

【体験談】年間9万円!!格安SIM楽天モバイルに切り替え。使用感をレビュー

こんにちは、ようへー(@yohei_blog)です。

携帯代って結構高いですよね。
私は投資で大幅な借金を背負ってます。

そのため、固定費を少しでも削減しようと携帯代を格安SIMに変えたのです。

投資で失敗した話はここで記載しているので興味があればお読みください。

https://nomalog.com/debt/dept_1/

本題に戻りますが格安SIM(楽天モバイル)に切り替えて年間約9万円節約しました!

これって家計的にはかなりうれしいですよね?

そこで今日は、格安SIMに切り替えた経緯と使用感についてレビューしたいと思います。

格安SIMとは?

まず、格安SIMってご存知ですか?
ここでちょっと説明したいと思います。

みなさんの携帯会社はどこでしょうか?ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアじゃないでしょうか?

もちろん私もソフトバンクユーザーでした。

でも実は携帯会社って、この会社以外にもたくさんあるんですよね

どうでしょう?いっぱいありますよね。

これらの業者は大手キャリアから電話回線を借りて事業を行なっている業者なのです。

この会社には大手キャリアから回線を借りているため以下の特徴があります。

回線設置費用など設備投資が不要。
 →携帯料金を安く提供できる。

回線を大手キャリアから借りている。
 →朝や昼などみんながよく使う時間にデータ通信が遅くなることがある。
(大手キャリアの契約者が優先される)

ここで話を戻しますと携帯にはネット通信をするためにSIMというカードが入ってます

つまり格安SIMとは大手キャリア以外が提供する通信料が割安なSIMカードなんですね

このSIMカードは使っている端末によって他者に切り替えできる端末とできない端末があります。

携帯によって異なりますが切替可能な端末であれば、このような格安SIMの会社に今すぐにでも乗り換え可能です。

対応端末を確認する

楽天モバイルを選んだ理由

それでは、数ある会社からなぜ楽天モバイルを選んだのでしょうか?

楽天モバイルを選んだ理由は主に2つあります。

口座振替対応だったから!

実は最大の理由はこれでした。
私は借金が原因で債務整理中だったのでクレジットカードが使えないんです

しかし、いざ探してみるとクレジットカードのみ対応している会社が多いんですよね

そんな中で口座振替に対応してくれる会社が楽天モバイルでした

楽天ポイントが貯まる!

楽天クレジットを作った経緯で楽天ポイントカードを持っていました。
せっかく携帯使うならポイント還元がある携帯の方がいいですよね

ポイント貯まるし、まぁいっか!!的なノリで選びました。w

年間9万円の固定費削減の内訳と加入プラン

それでは、実際にいくら固定費が削減されたのか「ようへー家」の実例を見てみましょう。

見直し前 携帯代:毎月12,000円
見直し後 携帯代:毎月   4,480円

見てください!月額7,520円の削減です。

私の個人携帯はソフトバンクで20GBまでデータ通信が使いたい放題でした。
これにテザリングなどのオプション等々で月々12000円程払ってました。

これを見直し、楽天モバイルのスーパーホーダイL(14GB)に見直しをしました。

データ通信の限度は下がりましたが、14GB使用した後も、回線速度は1Mbpsを最低保証してくれるということで、このプランに決めました

使用感をレビュー

使用感については、通話とデータ通信と分けてレビューしたいと思います。

通話の使用感

変更前のソフトバンクと遜色ありません。

また、楽天モバイルのスーパーホーダイには専用のアプリを使うことで最初の10分かけ放題プランがタダで付いてきます。

ちょいちょい電話をかける私には大変ありがたいサービスでした。
通話の使用感は二重まるです。

データ通信の使用感

正直いって不満足でした。

朝やお昼は回線が重いなどの前評判がありましたがその通りでした。

ツイッターでも画像が表示されるまで少しモタつく感じです。
ただ、その他の時間は速度的に問題ありません。

総括すると不満足が残りますが安いのでまぁいいか的なレベルです。

最後に

一部データ通信が遅い時間帯がありますが電話も割引があったりこの値段を考えたら乗り換えて良かったと感じました。

なお、申し込みもネットで楽々に手続きができました。SIMの郵送も早かったので1週間かからずに、全ての切り替えが可能です。

楽天モバイルは固定費削減できる優秀な通信会社です。自信を持っておすすめします。

ここまで閲覧いただきありがとうございました。

料金ページを確認する