債務整理

任意整理とは?知識ゼロでも大丈夫!わかりやすく解説します!

お金も時間もない方はこちらをCheck!!

借金問題は弁護士に無料で相談しよう!(私のおすすめベスト3)

【第1位】ライズ綜合法律事務所シュミレーター《今すぐ診断!》

【第2位】アーク東京法律事務所シュミレーター《借金問題必ず解決》

【第3位】イージス法律事務所《わかりやすく簡単!!》

こんにちは、ようへー(@yohei_blog)です。

今日は「任意整理とは?」をテーマにお話ししたいと思います。

借金返済が辛いとか苦しいとか思ってネットを調べてみると債務整理とか任意整理などのキーワードを目にすることがありますよね。

でも実際に、「任意整理ってよく分からない」とか、「デメリットとかないの?」って疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

私も借金2000万円を抱え、債務整理(個人再生)を行なった際に、様々な情報を探していたので、そのような気持ちはとても良くわかります。

そこで、今日は借金返済に困っている方に対して、「任意整理とは何か?」と言うことを、できるだけ簡単な言葉でご説明したいと思います。

任意整理とは「利息をなくす手続き」のこと

のま男
のま男
えええ?!!借金の利息がなくなるの?
ようへー
ようへー
そうなんです。利息ゼロになるんです!

タイトルでは本当に分かりやすく書きましたが、もう少し詳しく説明しますね。

債務整理とは債権者(クレジットカード会社など)と弁護士が直接交渉することで、以後の返済条件を見直してもらい、利息返済を免除してもらう手続きです。

利息がカットされるだけでも、もの凄く借金が返済しやすくなりますよね。

ただし、返済期間も決まっており原則3年(場合によっては5年)で完済を目指すことが必要となります。詳細な条件は債権者と交渉して決まりますので、ケースバイケースですね。

「じゃぁ早速、任意整理しよう!」って思った方はちょっと待ってください。

この手続きは、メリットもあればデメリットもありますので、次もよく読んでくださいね。

任意整理のメリットとデメリット

メリット

  • 借金の取り立てや督促がなくなる
  • 金利がカットされ免除される
  • 交渉相手を選ぶことができる
  • 財産処分や資格制限のペナルティはなし

任意整理のメリットはズバリ、利息を払う必要が無くなることですね。その他のメリットとして全ての債権者ではなく、交渉相手を選ぶことができます

これのメリットは例えば、奨学金や会社で借金がある場合にそれぞれ任意整理をしようとすると、奨学金であれば連帯保証人(だいたい親の場合が多いですね)に連絡がいきます。また、会社借入なら社長や人事部にバレてしまいますね。

こういう場合に、自己破産や個人再生手続きですと全ての債権者が対象なので、債務整理の情報が親や会社へ伝わってしまいますが、任意整理だと交渉相手を選ぶことができるので、奨学金や会社借入を任意整理の対象からハズすことができます。

親や会社バレを回避できるのが任意整理の強みですね。

また、自己破産や個人再生のような財産処分や資格制限などのペナルティはありません。

デメリット

  • 利息しか免除にならない(元本は減らない)
  • ブラックリストに5年間掲載される(借入ができない)
  • 相手が合意しないと成立しない

任意整理のデメリットは、債務整理をした割には債務が減らない点ですね。

例えば、自己破産なら借金はゼロですし、個人再生は約1/5まで借金を圧縮できます。

それに比べたら見劣りしてしまうでしょう。

また、あくまで債権者が合意した場合のみ任意整理ができますので、注意する必要があります。まぁ普通は自己破産されるより元本返してくれ方がましと前向きに交渉してくれるはずなので、ご安心ください。

任意整理をするべき人は?

任意整理をするべき方を以下にまとめておりますので、ぜひ読んでください。

  • 奨学金や会社借入などバレると困る借金がある人
  • 比較的借金総額が低く、3年〜5年で返済見込みが建てれる人

任意整理の手続き期間と費用

期間はおよそ6ヶ月程度ですね。費用は任意整理する会社によって金額が変わるケースが多いです。例えば1社4〜5万円が相場と言われています。

任意整理のQ&A

最後に、任意整理でよくある質問をQA形式でまとめておりますのでご参考ください。

Q.任意整理の条件はありますか?

A.条件は特段ありませんが、安定した収入があり、毎月の返済を着実にできるのか?ということは非常に大事です。

そもそも返済できるか怪しい人に対して債権者は交渉なんてしませんからね。

Q.和解が成立したらどのように支払うのですか?

A.2通りあります。1つ目は自分自身で債権者が指定する口座に毎月入金していくことです。ちなみに、入金忘れなどがあった場合には、交渉条件が白紙となり一括返済を求められるなんてこともありますので注意してくださいね。

2つ目は毎月弁護士事務所にお金を支払い、その後弁護士が各債権者に対して、返済を行う方法です。これなら支払先は弁護士事務所だけなので簡単ですよね。

しかし、しっかり手数料を取られますので、極力自分で各社に振り込む方法をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

任意整理について理解が深まりましたでしょうか?

借金返済に悩んでいるならまず弁護士に相談するのが一番です。

以下に私がオススメする弁護士が記載してあります。

まずは無料の返済シュミレーターから試してみることが借金問題から脱出する第一歩です。ぜひお試しください。

お金も時間もない方はこちらをCheck!!

借金問題は弁護士に無料で相談しよう!(私のおすすめベスト3)

【第1位】ライズ綜合法律事務所シュミレーター《今すぐ診断!》

【第2位】アーク東京法律事務所シュミレーター《借金問題必ず解決》

【第3位】イージス法律事務所《わかりやすく簡単!!》