マネー

債務整理者でも使える高還元率プリペイドカードKyash(キャッシュ)を紹介

こんにちは、ようへー(@youhei_blog)です。

債務整理者の方向けに記事を書いてますが、学生さんや主婦の方など何からの事情でクレジットカードを持てない方にも参考となる記事を書きました。

今日の記事はこんな方に読んで欲しい記事です。

読んで欲しい方

・債務整理中でクレジットカードが使えない方

・主婦や学生でクレジットカードを作れない方

・その他、クレジットカードの使用に抵抗のある方

クレジットカードが嫌いでも実際に使えないと不便ですよね。そんな不満を解消する手段を今日は解説したいと思います。

債務整理者はクレジットカードが使えない

まず、言わせてください。

私は借金返済ができず、弁護士さんにお願いして債務整理(個人再生)を行いました。

おかげさまで2000万円の借金が300万円に減額される予定です。

bept_2...

単純に、借金だけが減額されたらラッキーですよね。

ただし、そうはいきません。

私の信用情報はいわゆる「ブラック」となり、5〜10年はローンおよびクレジットカードが作れないペナルティが課せられます。

そう!クレジットカードが使えないのです。

債務整理者がネット決済で使えるのは?

クレジットカードが使えないと結構困りますよね。

Suicaのオートチャージ、ネットショッピング、携帯電話の支払いなどクレジットカードオンリーの場合があります。

私はアマゾンでネットショッピングを行うことも多いのですが、クレジットカードが使えなくなり本当に困りました。

そこで、ブラックな私でもネット決済できるカードが無いか探したのです。

債務整理者でもデビットカードやプリペイドカードなら発行できます!

ブラックな私でも発行してくれるカードを2種類見つけました。もちろん収入がない主婦の方や学生でも作成できるカードです。

【デビットカード】

⇒カードを使用した際に、銀行口座から直接引き去りを行うカード。

【プリペイドカード】

⇒あらかじめチャージした金額を限度に使用できるカード。これは、SuicaやEdyが該当しますね。

正直どちらのカードも一長一短なのですが、私がこだわったのは「いかにお得に使えるか?」「管理しやすいか」です。

そんなわたしが見つけたベストなカードを次よりご紹介しましょう。

プリペイドカードKyash(キャッシュ)がおすすめ

Image from Gyazo

概要

私が見つけたのはKyash(キャッシュ)というプリペイドカードです。

なにそれ?と思う方も多いでしょうから簡単に概要をご説明します。

Kyash(キャッシュ)は、アプリで発行するバーチャルカードです。

簡単に言うとネット決済で使えるプリペイドカードですね。VISAブランドのプリペイドカードですので、結構幅広くネットショッピングで使えます。

また、リアル店舗でカード払いしたい場合は、リアルカード(発行料・年会費無料)も発行できます。

年齢制限や本人確認不要で発行できますので、便利ですね。

また、VISA系列店で使えますので、クレジットカードと同じようにショッピングやディナーを楽しむこともできます。

のま男
のま男
これならデートでも安心だねw
ようへー
ようへー
お前彼女いたのぉ!?

Kyash(キャッシュ)のメリットは?

このカードの主なメリットは以下のとおりです。

・プリペイドカードなのに2%の高還元率

2%の還元率はこのカード以外ありません。また、クレジットカードからチャージできますのでポイントの2重取りも可能です。

・バーチャルカードは1分で即時発行可能

⇒アプリをダウンロードして個人情報などを入力したら即使用できます。

・入金手続きが簡単

⇒各種コンビニにて入金手続きが可能です。私はよくセブン銀行のATMで入金手続きを行っています。

Kyash(キャッシュ)のデメリットは?

デメリットは以下の点ですが、正直デメリットというほどではありませんが記載いたします。

・利用金額の上限が少なく高額決済はできない

⇒バーチャルカードは3万円、リアルカードでも5万円が1回の上限です。

・残高がないと急な出費に対応できない

⇒これはプリペイドカードの弱点ですね。カードの残高不足だと使えません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プリペイドカードは事前入金の手間はありますのが、他の利便性はクレジットカードと同等なので、クレジットカードが馴染まない方にぜひともおすすめです。

また、クレジットカードのように、使いすぎて翌月の請求が怖いなんてことはありません。

家計管理もしっかりできるのがプリペイドカードなのです。

その中でも、おすすめは「Kyash」です。ぜひみなさん使ってみてください。