債務整理

個人再生とは?知識ゼロでも大丈夫!わかりやすく解説します!

お金も時間もない方はこちらをCheck!!

借金問題は弁護士に無料で相談しよう!(私のおすすめベスト3)

【第1位】ライズ綜合法律事務所シュミレーター《今すぐ診断!》

【第2位】アーク東京法律事務所シュミレーター《借金問題必ず解決》

【第3位】イージス法律事務所《わかりやすく簡単!!》

こんにちは、ようへー(@yohei_blog)です。

今日は「個人再生とは?」をテーマにお話ししたいと思います。

借金返済が辛いとか苦しいとか思ってネットを調べてみると債務整理とか個人再生などのキーワードを目にすることがありますよね。

でも実際に、「個人再生ってよく分からない」とか、「デメリットとかないの?」って疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

私も借金2000万円を抱え、債務整理(個人再生)を行なった際に、様々な情報を探していたので、そのような気持ちはとても良くわかります。

そこで、今日は借金返済に困っている方に対して、「個人再生とは何か?」と言うことを、できるだけ簡単な言葉でご説明したいと思います。

個人再生とは「借金を大幅に減額させる手続き」のこと

のま男
のま男
えええ?!!借金が減るの?
ようへー
ようへー
そうなんです。借金が大幅に減額になるんです!

タイトルでは本当に分かりやすく書きましたが、もう少し詳しく説明しますね。

個人再生とは、民事再生法という法律で定められた手続きで、裁判所に申し出を行うことで借金を1/5〜1/10まで減額してもらえる救済制度です。

ようへー
ようへー
実は私もこの制度を利用して1,700万円も借金を減額させたんだよ
のま男
のま男
マジで?!!

個人再生は借入額によって借金の減額幅が異なります。以下に表を記載しておくのでご参考くださいね。

 借金総額 手続き後の返済額
 借金総額が100万円未満  減額なし
100万円以上〜500万円未満 100万円
500万円以上〜1500万円未満 借金総額の1/5
1500万円以上〜3000万円未満  300万円
100万円以上〜500万円未満 借金総額の1/10

上記のとおり、私の借金は2000万円でしたので、個人再生後は300万円に借金が減額となります。

「じゃぁ早速、個人再生しよう!」って思った方はちょっと待ってください。

この手続きは、メリットもあればデメリットもありますので、次もよく読んでくださいね。

個人再生のメリットとデメリット

メリット

  • 借金を大幅に減額してもらえる
  • 住宅などの高価な財産を残すことができる
  • 借金の理由を問われない
  • 資格制限のペナルティはなし

個人再生のメリットはズバリ、資産を残しながら借金を大幅に減額させることですね。(なお、住宅ローンは例外で減額されませんので要注意です。)

自己破産したくても、自宅を売りたくないって人にはおすすめの手続きです。

また、自己破産では、ギャンブルやFXなど免責(裁判所の許可)がおりるか分からない場合でも、個人再生なら借入の理由を問われないので、手続きがしやすいという特徴があります。

(実は私はこれが原因で個人再生にしました。。。)

また、自己破産のような資格制限などのペナルティもありません。

自己破産だとちょっと制約があって利用しづらいって方はぜひ個人再生を検討してみましょう。

デメリット

  • 借金は残る(原則3年で返済する必要あり)
  • 自己破産と違い安定した収入が必要
  • ブラックリストに5〜10年間掲載される(借入ができない)
  • 手続きに時間がかかる
  • 費用が割高

あくまで個人再生は借金を減額させる手続きですので、借金が残るのがデメリットですね。また、安定した収入がないとこの制度は使えません。

その他にも自己破産と比べると手続きに時間がかかったり、費用が割高な面もデメリットですね。

個人再生をするべき人は?

個人再生をするべき方を以下にまとめておりますので、ぜひ読んでください。

  • 借金が100万円以上ある方
  • 3年〜5年で返済見込みが建てれる人
  • 債務整理したいけど自宅などの資産を残したい方

個人再生の手続き期間と費用

期間はおよそ6ヶ月程度ですね。費用は私のケースですと60万円ほどでしょうか。ただし、分割で支払可とする弁護士もおりますので、安心してくださいね。

私の場合は、月の支払いとボーナスを併用してなんとかお支払いしてました。

個人再生のQ&A

最後に、個人再生でよくある質問をQA形式でまとめておりますのでご参考ください。

Q.民事再生されると全ての借金が減額されるのですか?

A.原則、住宅ローン以外の借金は全て減額されます。しかし、以下の債務は対象外ですのでご注意ください。

  • 税金等の公租公課
  • 養育費や扶養義務に基づく支払債務
  • 故意または重過失による不法行為に基づく損害賠償請求
  • 罰金等
ようへー
ようへー
まぁ普通の借金ならオッケーイってことだね!

Q.個人再生の場合は何回裁判所に行くの?

A.基本書面でのやり取りとなりますので、裁判所へ行く必要なありません。しかし、債務整理を担当する再生委員(通常は弁護士)の方と面接する必要があるため、最低1回は再生委員の事務所にいく必要があります。

Q.再生計画どおりに返済できない場合はどうなるの?

A.もしそうなったら、債権者からの申し出により再生計画が取り消される場合があります。その場合、減額された借金は元に戻ってしまいますので、十分注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人再生について理解が深まりましたでしょうか?

借金返済に悩んでいるなら、まずは弁護士に相談するのが一番です。

私も同じ経験をしてきたので借金の悩みは非常にわかります。

▼借金の経緯をみる▼

【投資失敗談】1ヶ月で借金総額2000万円!仮想通貨FXで借金地獄へ こんにちは、ようへー(@yohei_blog)です。 結構衝撃的なタイトルで驚きや疑いの目でこのブログを見てる人も多いと思...

そんな経緯を経て私がオススメする弁護士を記載しております。

まずは無料の返済シュミレーターから試してみることが借金問題から脱出する第一歩です。ぜひお試しください。

お金も時間もない方はこちらをCheck!!

借金問題は弁護士に無料で相談しよう!(私のおすすめベスト3)

【第1位】ライズ綜合法律事務所シュミレーター《今すぐ診断!》

【第2位】アーク東京法律事務所シュミレーター《借金問題必ず解決》

【第3位】イージス法律事務所《わかりやすく簡単!!》

毎日の返済がつらい!返済に困ったら?


借金返済に困ったら、無料診断で自分の状況を正確に把握しましょう。
簡単!安心!たった2分で無料診断が可能です。

>無料診断を始める