マネー

【2018年9月】国のお墨付き?!高還元率でふるさと納税ができる12の自治体!!

みなさんこんにちは「ようへー(@youhei_blog)」です。

そろそろ年末まで4ヶ月を切りましたね。そんな、我が家で最近話題となっているのが、「ふるさと納税」です!!

ふるさと納税している人は分かると思いますが、還元率の良い納付先を探している方もいますよね。

そんなみなさんの為に、私が入手したお得な情報(高還元率な納付先)をご紹介したいと思います。

のま男
のま男
本当にお得な情報なの〜?!
ようへー
ようへー
大丈夫だよ!だって総務省のお墨付きだからね

ふるさと納税制度とは?!

まず、簡単にふるさと納税の概要を説明しておきます。

「そんなの知ってるぜ!」って方は読み飛ばして構いません。

簡単な図を作りましたが、これがふるさと納税の概要です。

みなさんは、給与から所得税や住民税を引かれていますよね?

実はふるさと納税を利用して自分の住んでる自治体以外へ寄付をすることで、日々の所得税や住民税が寄付金分、控除されるのがふるさと納税制度なのです。

*詳細は他のサイトなどをご覧ください。

これだけだと、お得ではないのですが、注目は寄付した自治体からお礼の品が届くことです。もらえるだけで絶対に得する制度なんです。

「正直やらなきゃ損ですよ、奥様!」レベルです。また、お礼の品は多くもらえる方が嬉しいですよね。

そこで、ふるさと納税の常連さんたちは、寄付金に対していっぱいお礼をくれるところを日々探しているのです。

還元率の相場

昨年などは、5割〜6割の還元が当たり前の自治体が多かったのですが、残念ながら総務省より過度なお礼の品はやめるように各地方自治体へ通達が出されました。

その結果、3割がお礼の品の平均値となっているのが、現状です。

まぁもらえるだけましですが、悔しいですね〜

ふるさと納税をするには?!

実際にふるさと納税をする場合、各自治体のお礼の品が一覧となっているポータルサイトを活用するのがおすすめです。

簡単に選べてクレジットカードで決済できますので、本当に便利ですよ!

オススメは、さとふるです。興味があったらぜひ登録してみてください。

高還元率を実施する自治体はここだ!

それでは、本題に入ります。

2018年の高還元率自治体を発表したいと思います!

ではいきなり結果発表です!ドッドン!!

これは、総務省がお礼の品を3割以下にしなさいよ〜と言っているにも関わらず、その通知に従わずに高返礼の品を送っている上位市町村のデータなのです。

言い換えれば、「ここがお得だよ!!」って政府がお墨付き出しちゃってるところですよね。

12市町村がありますが、昨年の寄付額の上位3位を少し詳しくご紹介したいと思います。

【第1位】大阪府泉佐野市

寄付額 135.3億円
お得な品 肉・ビール

堂々の第1位は大阪府の泉佐野市でした。特徴は大量の肉とビール!!

我が家でも以前よりここのビールを重宝しておりました。

1万円の寄付でエビス1ケース(350ml)が届くんですよ!今、1ケース5000円以上もするこのご時世めっちゃありがたいです。これだけも還元率50%超えるのではないでしょうか?

【第2位】佐賀県みやき市

寄付額 72.2億円
お得な品 HIS旅行券

続いて、第2位は佐賀県みやき市です。

ここの売りは、HISの旅行券がもらえるんですよ!別に佐賀以外での旅行にも使えるのでこれは良いですね!

ちなみに、2万円の寄付で1万円の旅行券が頂けます。還元率50%!!

旅行好きの方は良いですね!

【第3位】佐賀県唐津市

寄付額 43.9億円
お得な品 米・肉

第3位は、同じく佐賀県唐津市になりました。

正直言って私、そんなに唐津市のこと知りませんでした。すいません。。

それでも、お米をもらったり、老舗のハンバークやお肉をもらっている人がいたので、きっとこの辺がおすすめだと思います。

最後に

本日9月6日(木)付のニュースで過度な返礼品を送る自治体への対応策が総務省で検討されているとのニュースがありました。

制度が変わったらせっかくの寄付も無駄になってしまいます。また、12月はみんな焦って登録しだすのでご利用は計画的に!絶対早くからやったほうがお得ですよ!

それでは、ふるさと納税を活用して、ちゃっかり節税しちゃいましょう!